SideQuestを使ってOculus Questに非公式アプリ(apk)を楽々インストール

2019年6月2日

SideQuestというGUIアプリで、非公式アプリ(apk)を簡単にインストールできるようになったので紹介します。また、この方法を使ってVR非対応のアプリの簡単に利用できます。

コマンドラインでインストールしたい場合はこちらの記事を参照して下さい。

Oculus Quest/Oculus Goに非公式アプリ(apk)をインストールする(上級者向け)

SideQuestとは

SideQuestは、Androidベースのスタンドアロンヘッドセットへ、任意のアプリケーションを簡単にインストールするためのPC用ツールです。またインストールしたアプリケーションを起動するためのランチャーも付属します。

SideQuestの機能

  • ADB PlatformTools の自動ダウンロード(Windows / MacOS / Linuxに対応)
  • 開発者モードを有効にするため手順を表示
  • インストールされたアプリ起動するためのランチャー
  • ドラッグ&ドロップで任意のapkをインストールする機能
  • fdroidベースのストア機能
    • sources.txtファイルを配置することで、メニューからワンクリックで非公式アプリをインストールできます

準備

「開発者モードの有効化」と「USBドライバのインストール」は面倒を見て貰えないので、手で作業する必要があります。

開発者モードを有効にする

スマートフォンのOculusアプリを開き、開発者モードを有効にします。

  1. アプリから開発者モードを有効にしたい機器(Oculus Quest/Go)を選択、開いたサブメニューから「その他の設定」を選択します。
  2. 「その他の設定」から「開発者モード」を選択します。
  3. 「開発者モード」スイッチをオンにします。

スイッチをオンにしようとすると、開発者組織の登録をするか聞かれるので、はいを選びブラウザから開発者名を登録します。(アプリをストアに出すわけでは無いのでどんな名前でも構いません。)

登録が終わるとスイッチをオンに出来るようになります。

Oculus Quest/Goのドライバをインストールする

Oculus Quest/GoをPCとつなぐためのドライバをインストールします。

  1. Oculusの開発者向けサイト からドライバをダウンロードします。
  2. oculus-go-adb-driver-2.0.zipを展開し、android_winusb.inf右クリックして「インストール」を選びます。

SideQuestのダウンロードとインストール

SideQuestはGitHubのリリースページからダウンロードできます。Windowsの場合はSideQuest-win32-x64.exeをダウンロードします。

SideQuest-win32-x64.exeは7zipの自己展開ファイルになっており、起動すると展開するフォルダを聞いてくるので、適当なディレクトリを指定して下さい。

SideQuestを起動するとOculus Quest側でPCとの接続を許可するかを選択するダイアログが出ますので、許可を選んでおいて下さい。

apkのインストール方法

SideQuestのウィンドウにapkファイルをドラッグ&ドロップするだけです。簡単ですね。ただし、赤線で囲まれたペインにしかドロップに反応しないので、そこだけ注意して下さい。

ALVRのalpha版を利用する際も、GitHubからダウンロードしてきたapkをドラッグ&ドロップするだけでOKです。SideQuestのメニューから直接インストールできるALVRは、OculusQuestにまだ対応していないバージョンなので注意して下さい。

インストールされたアプリの実行方法

ライブラリに「提供元不明のアプリ」という項目が増えますので、ここからインストールしたアプリを起動することができます。

もしインストールしたのに項目が表示されない場合は、一端再起動してみて下さい。再起動は電源ボタンを長押しすると表示される電源メニューから行えます。

インストールされたアプリの削除方法

SideQuestのアプリ一覧画面からアンインストールすることが出来ます。

  1. 右上のリスト表示ボタンを押します。
  2. インストールされているアプリの一覧(アプリ名では無くアプリの識別子)が表示されるので、アンインストールしたいアプリを探します。
    • ALVRの場合は「com.polygraphene.alvr」です。
  3. UNINSTALLボタンを押します。
  4. 本当にアンインストールしても良いかを聞かれるので、「UNINSTALL APP」を選択します。

VR非対応アプリの利用方法

SideQuestは任意のアプリをインストールするだけで無く、インストールした非公式アプリを起動するためにOculusQuest側で利用できるランチャーも付属しています。

OculusQuest用のランチャーは以下の方法でインストールできます。

  1. 左下のSetupを選んでSetup Instructionsのページを開く
  2. ページをスクロールさせてINSTALL APP LAUNCHERを選ぶ

ランチャーは他の非公式アプリと同様に「提供元不明のアプリ」から起動できます。

ランチャーを起動するとおなじみのドロワーが表示されますが、背景がOculus TVと同じものになっているのにお気づきでしょうか。このランチャーはOculus TVが持つ「非VRアプリ表示機能」を利用しています。そるため、ほぼどんなアプリも起動することができます。

最後に

Oculus Quest/Oculus Goに簡単にストア外のアプリをインストールすることができるSideQuestを紹介しました。非VRアプリを使うためのランチャーが付属し、Oculus Quest/Oculus Goの活用方法をかなり広げることが出来ると感じます。

今までもTvRepoAppのようにOculus TV内にショートカットを作る方法がありましたが、SideQuestはそういった手順は不要なのでかなり快適に使えます。

今後はOculus Questにこのアプリを組み合わせると快適だったみたいな紹介もして行けたらと思います。

スポンサーリンク