SideQuestを使ってOculus Questに非公式アプリ(apk)を楽々インストール

2019年6月2日

SideQuestというGUIアプリで、非公式アプリ(apk)を簡単にインストールできるのでその方法を詳しく紹介します。その他の便利機能や細かい設定についても、最新の情報を追記しています。

コマンドラインでインストールしたい場合はこちらの記事を参照して下さい。

SideQuestとは

SideQuestは、Oculus QuestやOculus Goを初めとするAndroidのスタンドアロンヘッドセットへ、任意のアプリケーションを簡単にインストールするためのPC用ツールです。またインストールしたアプリケーションを起動するためのランチャーも付属します。

この記事ではOculus Quest向けに非公式アプリ(apk)をインストールする方法や、その他の便利な使い方を説明しています。

SideQuestの機能

  • ADB PlatformTools の自動ダウンロード(Windows / MacOS / Linuxに対応)
  • 開発者モードを有効にするため手順を表示
  • インストールされたアプリ起動するためのランチャー
  • ドラッグ&ドロップで任意のapkをインストールする機能
  • ドラッグ&ドロップ対応のファイルマネージャ
  • アプリケーションの管理とバックアップ機能
  • fdroidベースのストア機能
    • sources.txtファイルを配置することで、メニューからワンクリックで非公式アプリをインストールできます
  • BeatSaver用の各種機能

準備

SideQuestをOculus Questで利用するには、「開発者モードの有効化」と「USBドライバのインストール」が必要です。SideQuestのセットアップ時にはこれらの設定を自動で行ってくれないので、利用者自身が手で作業する必要があります。

開発者モードを有効にする

スマートフォンのOculusアプリを開き、開発者モードを有効にします。

  1. アプリから開発者モードを有効にしたい機器(Oculus Quest/Go)を選択、開いたサブメニューから「その他の設定」を選択します。
  2. 「その他の設定」から「開発者モード」を選択します。
  3. 「開発者モード」スイッチをオンにします。

スイッチをオンにしようとすると、開発者組織の登録をするか聞かれるので、「はい」を選びブラウザから開発者名を登録します。(アプリをストアに出すわけでは無いのでどんな名前でも構いません。)

登録が終わるとスイッチをオンに出来るようになります。

Oculus Quest/Goのドライバをインストールする

Oculus Quest/GoをPCとつなぐためのドライバをインストールします。

  1. Oculusの開発者向けサイト からドライバをダウンロードします。
  2. oculus-go-adb-driver-2.0.zipを展開し、android_winusb.inf右クリックして「インストール」を選びます。

SideQuestのダウンロードと初期設定

SideQuestのダウンロード

SideQuestはGitHubのリリースページからダウンロードできます。Windowsの場合はSideQuest-Setup-?.?.?-x64-win.exeをダウンロードします。

SideQuest-Setup-?.?.?-x64-win.exeをダブルクリックして起動すると、インストールが始まります。(昔は単にファイルを展開するだけの機能しかありませんでした。)

SideQuestのインストール

SideQuestのインストーラを起動すると、まずシステム全体にインストールするのか利用しているアカウント用にインストールするかを聞かれます。特に理由が無ければ、利用しているアカウント用にインストールする「現在のユーザのみにインストールする」を選べばOKです。

その後「次へ」「インストール」を選んでいけばインストールが完了します。

PCとの接続許可

SideQuestを起動し、正常にOculus Questとの接続が完了すると、タイトルバーに「Connected」と表示されます。

初回に限りOculus Quest側にPCとの接続を許可するかを選択するダイアログが出ます。Oculus Questのコントローラを使って、許可を選んでおいて下さい。

apkのインストール方法

SideQuestのウィンドウにapkファイルをドラッグ&ドロップするだけです。簡単ですね。ただし、左上のロゴの部分にしかドロップできないので、そこだけ注意して下さい。

また右上のアイコンが並んでいる中で一番左の物を選ぶと、ファイルダイアログからapkファイルを選択し、インストールすることも出来ます。

ALVRのalpha版を利用する際も、GitHubからダウンロードしてきたapkをドラッグ&ドロップするだけでOKです。SideQuestのメニューから直接インストールできるALVRは二種類有り、現在のOculusQuestで動作するバージョンは「SIDEQUEST OFFICIAL」の下にある物なので注意して下さい。

VirtualDesktopに関しても同様に、「SIDEQUEST OFFICIAL」の下にある物が最新版です。(ベータ版はGitHubから直接取得する必要があります。)

インストールされたアプリの実行方法

Oculusのライブラリに「提供元不明のアプリ」という項目が増えますので、ここからインストールしたアプリを起動することができます。

もしインストールしたのに項目が表示されない場合は、一端再起動してみて下さい。再起動は電源ボタンを長押しすると表示される電源メニューから行えます。

なお、ここに表示されるのはVR対応しているアプリだけです。

インストールされたアプリの削除方法

SideQuestのアプリ一覧画面からアンインストールすることが出来ます。

  1. 左側のメニューから「My Apps」を選ぶ、もしくはタイトルバー右側の中のアプリリストアイコンをクリックします。
  2. インストールされているアプリの一覧(アプリ名では無くアプリの識別子)が表示されるので、アンインストールしたいアプリを探します。
    • ALVRの場合は「com.polygraphene.alvr」です。
  3. 右側の歯車ボタンを押します。
  4. すると次のような「App Settings」のウィンドウが開くので UNINSTALL APP を選択します。

App Settingsでは、アプリのアンインストールの他にも以下のようなことが出来ます。

  • LAUNCH APP
    • 選択したアプリを起動します。
  • FORCE CLOSE APP
    • 選択したアプリを強制終了します。
  • CLEAR APP DATA
    • 選択したアプリのデータ領域(セーブデータ)を初期化します。
  • UNINSTALL APP
    • 選択したアプリをアンインストールします。と同時にデータ領域も削除します。「
    • BACKUP APK FILE」で事前にAPKファイルを保存しておくとアプリ自体の復元は可能ですが、データ領域を復元するには「BACKUP GAME DATA」で個別にデータをバックアップする必要があります。
  • OPEN BACKUPS
    • 選択したアプリについて、「BAKEUP GAME DATA」と「BACKUP APK FILE」を選んだ場合の保存先となるPC側のフォルダを開きます。
  • BACKUP GAME DATA
    • 選択したアプリのデータ領域(セーブデータ)をPCにコピーします。
    • コピーされたバックアップデータがPCに既に存在する場合は、このボタンの下にコピーした日付の一覧が表示され、左側の丸い矢印のボタンを選ぶことでデータ領域を復元することが出来ます。
  • BACKUP APK FILE
    • 選択したアプリの本体(apk)ファイルをPCにコピーします。
    • データ領域はコピーされないので、そちらを保存したい場合は「BACKUP GAME DATA」を併用する必要があります。

Oculus Quest/Oculus GoはAndroidをベースとしているので、アプリ本体とデータ領域の扱いもAndroidと同じになっていることに注意して下さい。

データ領域は個別にバックアップ・リストアできるものの、アプリ本体を削除した場合はデータ領域も一緒に削除されてしまいます。この点はゲーム機とは動作が異なるので注意して下さい。

VR非対応アプリの利用方法

SideQuestは任意のアプリをインストールするだけで無く、インストールした非公式アプリを起動するためにOculusQuest側で利用できるランチャーも付属しています。

このランチャーにはVR非対応のアプリも一覧表示され、起動するとそのままVR空間上のスクリーンでVR非対応のアプリを利用することが出来ます

OculusQuest用のランチャーは以下の方法でインストールできます。

  1. トップページ右上のSetupを選んでSetup & How To!のページを開く
  2. ページをスクロールさせてINSTALL QUESTAPPLAUNCHERを選ぶ

インストールしたランチャーは他の非公式アプリと同様に「提供元不明のアプリ」から起動できます。

ランチャーを起動するとおなじみのドロワーが表示されますが、背景がOculus TVと同じものになっているのにお気づきでしょうか。このランチャーはOculus TVが持つ「非VRアプリ表示機能」を利用しています。そのため、ほぼどんなアプリも起動することができます。

その他の機能とメニュー項目の説明

OculusのストアではOculusが承認したアプリやDLCなどのコンテンツが公開されていますが、一般のユーザは気軽にこういったコンテンツを公開することはできません。

SideQuestはそこを補うことをコンセプトに構築された、ユーザ主導のストアのような位置付けであり、その一機能として非公式アプリのインストール機能が用意されています。

他にもOuclus Questの開発者向けの裏設定なども変更できます。

上側のメニュー

  • HOME
    • SideQuestのWebサイトを表示します。ここからは新着コンテンツやニュースなどの情報を得ることが出来ます。
  • LEGENDS
    • SideQuest上でコンテンツを公開しているユーザの中で、もっとも支持を受けているユーザを一覧することが出来ます。
    • ユーザのほとんどがBeatSaverの楽曲提供者です。
  • GAMES
    • SideQuest上で配布されているゲープアプリを一覧することが出来ます。
    • オープンソースやフリーのゲームが多いですが、中には有料の物もあります。
  • EVENTS
    • RECROOM, VR CHAT, AltSpaceといったソーシャル機能を持つアプリ無いで催されるイベントの情報が一覧できます。
  • SPACES
    • SketchFab上のコンテンツが一覧できるようですが、まだ作りかけ(?)のようです。
  • WIKI/FAQ
    • GitHub上のドキュメントページを表示します。英語ですがトラプルシューティング等の情報が充実しています。
    • 必要に応じて自動翻訳機能を使って読むと良いでしょう。
  • SETUP
    • セットアップ方法を表示します。
    • SideQuest自体の起動自体は、開発者モードの有効化やドライバのインストールを行う前でも可能ですので、英語が分かる方はこのページの情報を見ながらセットアップしても良いかもしれません。
    • また、前述のように通常のAndroidアプリをVR空間で使えるようにするランチャーも、この項目からインストールすることが出来ます。

左側のメニュー

SIDEQUEST OFFICIAL

SideQuestコミュニティーが登録を管理しているアプリが一覧できるカテゴリです。Oculus Questに最適化されたアプリが多く登録されています。

  • Games
    • 上側メニューのGAMESと同じです。
  • Apps
    • ゲーム以外のアプリはここに表示されます。
    • Oculus Questを使う上で便利なアプリが多く登録されていますので、チェックしてみる価値は大いにあります。
  • Mods
    • 主にBeatSaver向けのMod(アプリ書き換えての挙動を変更する)機能をインストールするメニューです。
    • Modを適用する前には、アプリとデータをバックアップするようにして下さい。
    • Firefox Realityの環境データもここからダウンロードできます。
  • NSFW
    • Not Safe For Work、つまり職場で開くことが出来ないようなコンテンツはここに表示されます。

3RD PARTY

SideQuestコミュニティーが登録を管理していないアプリが一覧できるカテゴリです。主に通常のAndroidアプリが登録されており、非VRアプリをVR空間上で使えるようにするAppLauncher上で使うことを想定したアプリが多いです。

こちらについては詳細は割愛しますが、カテゴリ的にはSIDEQUEST OFFICIALと大体同じです。

File Explorer

Oculus Quest内のユーザ領域を一覧し、ファイルのコピーなどを行うことが出来ます。USBケーブルでOculus Questを接続したときに、エクスプローラを使って出来ることとほぼ同じです。

ただしこの機能はUSBケーブルで直接接続しなくても、WiFi経由での接続した時でも使うことができ、非常に便利です。

No Tasks (Current Tasks)

APKのインストールやデータ領域のバックアップ・リストアといった、時間のかかる処理の進行状況や履歴を確認できます。

この画面では右上に以下のようなボタンが表示されます。

  • CLEAR DONE
    • 完了したタスクを一覧から消去します。
  • RETRY FAILED
    • 一覧の中で失敗したタスクを再実行します。
  • CLEAR FAILD
    • 一覧の中から失敗したタスクだけ消去します。

このタスク一覧はアプリを終了すると空っぽになるので、普段はあまり気にする必要はありません。起動した直後は「No takss running…」とだけ表示されます。

My Apps

アプリの一覧と、各アプリの管理を行います。使い方は「インストールされたアプリの削除方法」で説明したとおりです。

ここの画面の上部に表示されているボタンは、次のような役割を持っています。

  • CHANGE BACKUP LOCATION
    • アプリ本体(apk)・アプリのデータ領域(セーブデータ)のバックアップ先となるPC側の保存場所を変更します。
    • PC側の記憶域の空きが少ないときに変更したくなると思いますが、設定先を間違えるとSideQuestからバックアップ済のデータが認識されなくなってしまうので、むやみに変更しない方が良いでしょう。
  • BACKUP/RESTORE ALL
    • Oculus Quest内に存在する全てアプリおよびアプリのデータをPCにバックアップ・リストアします。
    • Oculus Quest本体を移行したり、修理で送付するような場合に便利な機能です。

Settings – Device Settings & tools

SideQuestやOculus Questの内部設定を行います。上級者向けの項目が多く、特に理由が無い限りは触らない方が良いでしょう。

  • SideQuest Folders
    • OPEN MAIN APP FOLDER
      • SideQuestがインストールされているフォルダをエクスプローラで開きます。
    • OPEN APK BACKUP FOLDER
      • アプリ本体(apk)がバックアップあれているフォルダをエクスプローラで開きます。
    • OPEN ADB FOLDER
      • SideQuestが使うAndroidのシステムツールがインストールされているフォルダを開きます。
      • コマンドラインで上級者向けの操作を行う場合にこのフォルダのプログラムを使うことが出来ます。
  • Manage 3rd Party Repos
    • MANAGE REPOS
      • SideQuest内からインストールできるアプリ一覧の情報をどこから取得するかを設定します。
      • ここで追加した設定は「3RD PARTY」のアプリとして扱われます。
  • Pavlov Audio
    • Pavlov VRと呼ばれるゲームにボイスチャット機能を追加するための設定を行います。(詳細は分かりません)
  • Chromatic Aberration
    • Chromatic Aberration(色収差)補正に関する設定を行います。
      • DEFAULT – 初期設定です
      • APP SELECTED – 選択されたアプリのみ(選択方法は不明)
      • ON – 常に有効
      • OFF – 常に無効
  • Paste Text to your device
    • PC側でコピーされたテキストデータ(クリップボードの内容を)をOculus Questのテキスト入力画面にペーストします。
    • ブラウザ内でのユーザ認証画面等で長いパスワードをソフトウェアキーボードで打たずに済みます。
  • Set FFR ( Fixed Foveated Rendering ) level
    • Fixed Foveated Renderingは、描画画面の中心に比べて端の方では描画品質を下げても気づきにくいことを利用した、処理負荷低減のための最適化テクニックのことです。
    • FFR levelは、端の方の描画品質をどれぐらい下げるかを設定します。
    • このレベルを挙げれば挙げるほど、端の方の描画解像度が下がり、処理負荷が下がります。
      • 結果としてフレームレートが上がったり、Oculus Quest本体の発熱が減ったり、バッテリーが長く持つようになります。
      • 当然描画品質の低下により、FFRが使われていることをより気づきやすくなるデメリットはあります。
  • Set CPU and GPU level
    • CPU・GPUのクロックを標準より高く設定します。これにより、フレームレートが上がったりしますが、FFR Levelと同様に発熱やバッテリ持ち時間に影響します。
    • Oculus Questは温度が高くなると自動的に性能を下げるようになっているので、この値を高く設定したからといって常に性能が高くなるわけでもありません。
  • Default Texture Size
    • OculusのCompositorが使う描画向けテクスチャの解像度を変更します。PC VRにおけるSuperSampling・内部解像度の設定に相当します。
    • より高い解像度にすると、画面がくっきりして細かい文字が読みやすくなりますが、その分フレームレートが下がったりバッテリーの持ちが悪くなったりします。
    • 設定は即座に反映されますが、アプリを起動中の場合はそのアプリを再起動する必要があるようです。
  • Capture Video Bitrate ( Go Only )
    • Oculus Goの画面録画機能の動画品質を設定します。上げれば上げるほど、映像品質が向上しますが、保存に必要な記憶容量が増えたり、アプリの動作が重くなったりします。
    • OculusGoのみ影響がある設定でOculus Questには効果はありません。
  • Video Recording Resolution ( Go Only )
    • Oculus Goの画面録画機能の録画解像度を設定します。
    • 解像度を上げた場合は、前述のBitrateもセットで増やさないと、録画の品質は下がってしまいます。
    • OculusGoのみ影響がある設定でOculus Questには効果はありません。
  • Destroy The World
    • Safeを選ぶとSIDEQUEST OFFICIAL以下のNSWFの項目が表示されなくなります。

トラブルシューティング

突然SideQuestがOculus Questを認識しなくなった

Oculus Quest本体の大規模アップデート後など、何らかのタイミングでSideQuestがOculus Questを認識しなくなる事があります。これはOculus Quest側が持っている開発者モードの設定がリセットされたことが原因である場合が多いです。

再度スマートフォンのOculusアプリから「開発者モード」が有効になっているかを確認してみて下さい。OFFになっていても、開発者登録などを再度行う必要は無く、単にスイッチをONにし直すだけでOKです。

最後に

Oculus Quest/Oculus Goに簡単にストア外のアプリをインストールすることができるSideQuestを紹介しました。非VRアプリを使うためのランチャーも付属し、Oculus Quest/Oculus Goの活用方法をかなり広げることが出来ると感じます。

非公式アプリの中でも特にオススメなのがVirtualDesktop/ALVRといったPCのVRを楽しむためのアプリです。激しく動き回らないVRソフトを遊ぶ分には十分なクオリティを持っているので、一度試してみて下さい。

今後は他にも「Oculus Questにこのアプリを組み合わせると快適だった」みたいなアプリを色々と紹介もして行けたらと思います。

追記:SideQuestをケーブル接続無しで利用する方法を書きました。

関連:

スポンサーリンク