SteamVRに必携のOpenVR-AdvancedSettingsの使い方

2017年5月29日

内部解像度(Super-Sampling)等のVR描画設定や、ルームスケール関連のカスタマイズを簡単に行うアドオンOpenVR-AdvancedSettingsの紹介です。

OpenVR-AdvancedSettingsが持つ機能

OpenVR-AdvancedSettingsは以下のような機能を有しています。(公式ドキュメントより)

これらの設定は全てVR空間内のメニューから行うことができます。(反映に一部SteamVRの再起動が必要です)

  • Super-Sampling 値の設定
  • 非同期再投影とインターリーブ再投影の有効・無効切り替え
  • シャペロン境界の設定(完全に非表示にするなどSteamVR設定からは変更できない物も含む)
  • シャペロン境界のプロファイル設定
  • 床の位置を修正
  • パフォーマンス統計や他の統計を表示(ヘッドセットの回転など)
  • 再生・ミラー・録音オーディオデバイスの選択
  • ミラーデバイスのミュート・アンミュートの切り替え
  • マイクデバイスのミュート・アンミュートの切り替え
  • push-to-talk機能とそのプロファイルの切り替え
  • デスクトップモードでVRオーバレイの代わりにウィンドウをデスクトップに表示
  • Revive設定
  • VRキーボード入力ユーティリティ
  • シンプルなアラームクロック
  • プレイヤーの高さ調整の有効・無効切り替え

OpenVR-AdvancedSettingsのインストール方法

  1. Githubの配布ページから最新版をダウンロード
  2. インストーラーを実行
  3. SteamVRが起動している場合は、SteamVRとSteamを一回再起動する
    • 念のためPCを再起動しても良いかもしれません
  4. SteamVRのダッシュボード(コントローラ上の三のハンバーガーボタンを押して表示されるメニュー)に歯車のAdvancedアイコンが増えていることを確認