技術紹介

Oculusが開発した表示遅延を抑える第二世代のフレーム予測技術です。描画処理が追い付かない場合に、最新の描画結果を予測することで、たまに起こるフレーム落ちを目立たなくします。この仕組みにより、没入感が損なわれたり、VR酔いを起こりにくくします。

OculusはRift CV1の発売に合わせてランタイム1.3で初めてこの仕組みを公開しましたが、それ以来VRの世界では欠かせない技術になっています。