世界最大のVRマーケットSteamVR

2016年11月27日

SteamVRは、PC用ゲームを取り扱う世界最大のオンラインストアSteamをVRに特化させたものです。取り扱いソフトは非常に多く、ほとんどのVRソフトはこのストアから入手でき、セールも頻繁に行われます。

Steamはそれだけで一つのゲームプラットフォーム

Steamは単なるオンラインストアにとどまりません。いわばPlayStation NetworkやXbox Liveのようなネットワーク対応のゲームプラットフォームをそのままPC上で実現したと言って良いです。

つまり、ネットワーク対戦やフレンド機能のようなゲームで共通で使われるような機能はすべてSteamが提供し、各ゲームからはそれらの機能を呼び出すような構造になっています。また、ゲーム間でフレンドを共有したり、クラウド上にセーブデータを置いて複数のPC間でシームレスに共有したりもできます。

強みはソフトの多さ

Steamは同人ソフトから市販されている対策ソフトまで非常に多くのソフトが登録されています。中には懐かしいようなとても古いソフトもありますし、PlayStation4やXbox Oneと同時発売されるような新しく規模の大きいソフトもあります。

また同人ソフトも、GreenLightsと呼ばれるユーザに参加型の評価制度によって、一定のクオリティが担保されています。このあたりは、門戸を広く開きつつも玉石混合のGoogle Playのようなストアとは違い、バランスのとれた構造になっています。

ほかのストアよりもお得?

セールが多い

Steamの特徴としてセールを多くやっていることがあげられます。10%引きのものから中には80%引きのものまであり、また古いソフトは定価自体が95% OFF ぐらいで売られているものもあります。

返品上等

Steamだけのユニークな特徴として、返品ポリシーが非常に緩いことも挙げられます。海外では割とカジュアルに返品を行う習慣があるのですが、それでも極端にポリシーが緩いです。買ってみたら動かなかった、性能が足りなかったは当然として、、、

  • なんか違った・面白くなかった
  • 買った直後にセールが始まったので、安い価格で買いなおしたい

というような理由での返品も認められています。

ですので、Steamには体験版のようなものは非常に少ないです。少し、遊んで気に入らなければ返品するだけでいいのです。

ただし、返品にはプレイ時間などの条件がありますので、こちらの記事をよく理解してた上で利用してください。

追記: 2017年10月よりOculus StoreでもSteamと同様の返金ポリシーが設定されました。

ほぼ全てのPC VRデバイスに対応

SteamはPCゲームのプラットフォームですから、PCの種別を問いません。同じようにSteamVRは、HTC VIVEはもちろん、Oculus Rift、Windows Mixed Realityなどほぼ全てのPC VRデバイスに対応しています。

対応デバイスを広げるため、Steamの開発元であるValveはSteamに用ソフトウェア規格OpenVRを独自に用意しています。OpenVRは各社のVRプラットフォームの上にまたがるように構築されており、ゲーム開発者はOpenVRに対応してソフトを一つ作っておけば、OpenVRが対応するVRプラットフォームすべてに対応することができるようになっています。

ただし、各社のプラットフォームの違いを吸収する仕組みが故に、各プラットフォームに直接対応した場合に比べて制限が生じる場合があります。

具体的には、Oculus Riftの場合はOculus Homeで購入できるOculus Rift専用ソフトの方が快適に遊べる場合もあります。Oculus Homeで購入できるソフトはほぼ全てがOculus Riftに最適化(Oculusが提供するLibOVRを使って開発)されているためです。

SteamVRで購入できるソフトにもOculus専用のLibOVRに対応したものもそれなりにありますが(UnityやUnrealEngineを使えば比較的容易に対応可能)ですが、多くのソフトがVRプラットフォームの差異をを気にしなくて良いOpenVRをベースに開発されています。

Oculus Riftへの最適化とは

LibOVRを直接使ったときのメリットは、Asynchronous SpacewarpをはじめとしたOculusの独自技術が使えることです。

Asynchronous Spacewarpとは?よくある誤解とチューニング方法

また、Oculus Touch特有の「ボタンは押してないけど指は触れている」状態もLibOVRを使わないと検出できません。そのため、THE CLIMBの様な「手を再現するゲーム」はあまりSteamVR上ではリリースされないかもしれません。

THE CLIMB+Oculus Touchレビュー: 絶景を背に頭脳で己と戦うロッククライミングゲーム

SteamVRとHTC VIVEの関係

HTC VIVEの位置トラッキングに使用されている基盤技術LighthouseはSteamのValve社が開発、提供したものです。またHTC VIVEはOculus RiftやWindows MRとは違って、専用のネイティブプラットフォームを持ちません。つまり、SteamVRがHTC VIVEの性能を一番引き出せるネイティブのプラットフォームとなっています。

言い換えると、HTC社はWindows MRにおけるHPやAcerの様に技術提供を受けてハードウェアを設計する立場にあります。もちろん、VRの初期の頃から挑戦的な試みをしていますから、HTC社とValve社の関係はMicrosoftと他のハードウェアメーカーよりも密な関係にあることは間違いないでしょう。

Valve社はVR普及のOculus(Facebook)やMicrosoftと肩を並べる存在?

Valve社の技術提供を受けてVRデバイスを開発している企業はHTCの他にもいくつかあります。大手だとLGが高解像度のVRデバイスを開発中という話もありました。

HTCはVR部門を他社に売却する検討をしているとの情報もありますので、HTC VIVEの存在感は高いと言っても実質的に影響力を持つのはSteamVRを運営するValveであると言えるのでは無いでしょうか。

まとめ

SteamVRとはPC上に構築された一つのネットワークゲームプラットフォームであり、HTC VIVEやOculus Riftなど規格の違うヘッドマウントディスプレイを共通化する仕組みでもあり、それらを目的に集まったソフトウェア開発者がたくさんのソフトを販売する場所でもあります。

そして、ヘッドマウントディスプレイを買い換えて、VRのプラットフォームを移ったとしても、SteamVRでソフトを買っておけば、すんなり移行できることでしょう。

どのヘッドマウントディスプレイが市場を制するかはまだまだ分かりませんが、PC上でそれらに対応したゲームを買う場所としてのSteamVRはトップを走り続けるのではないでしょうか。

そう考えると、複数のストアで販売されているVRソフトをどこで買うべきか?を考えるときにはまずSteamVRを検討するのが良いと言えそうです。